ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!

『シンデレラ』今度はインドのコリウッドで残酷シーン満載のホラー・ファンタジーに!! 

『シンデレラ』今度はインドのコリウッドで残酷シーン満載のホラー・ファンタジーに!! 

Amazonプライムビデオで配信開始されてから話題となっているカミラ・カベロ版「シンデレラ」だが、今度はインドの「コリウッド」(タミル語圏内)映画として、ホラー色強めに製作された『シンデレラ』

今の時代のテイスト似合わない、男尊女卑のステレオタイプの象徴であるような「シンデレラ」だけに、様々なアプローチが逆にやりやすいのかもしれない。

2019年に予告が解禁になったものの、新型コロナの影響で大幅に遅れてしまっていたが2022年公開で調整に入ったようだ。

インド版『シンデレラ』の監督に抜擢されたのは、今回が長編初監督デビューとなるヴィノー・ヴェンケテシュ。主演を務めるのは「コリウッド」の人気女優でありながら、「ボリウッド」(ヒンディー語圏内)映画『アキラ』では、ソーナークシー・シンハーとも共演を果たしたラーイ・ラクシュ、『Teddy』のサークシー・アグルワールなど

白雪姫と闘牛を掛け合わせたスペインの映画『ブランカニエベス』やクリステン・スチュワート主演の『スノーホワイト』のように、昔ながらのおとぎ話やグリム童話を現代風にアップデートする動きは、今に始まったことではない。

パブリックドメイン案件によって、こういった原作が同じ作品の乱立で、ディズニーの定着させたイメージが揺らぎかねないということで、ディズニーも急ピッチに実写化企画を進めているのだ。

同じ原作を国別に観ることで、その国の特徴や女性の描き方なんかが見えてくるのもおもしろい。

最新インド映画情報局カテゴリの最新記事