『グレムリン』がアニメ化!!アニメ化された映画特集

『グレムリン』がアニメ化!!アニメ化された映画特集

映画『グレムリン』がアニメ化?!

2019年にスタートするワーナーメディアの新ストリーミング・サービスのオリジナル・コンテンツとして2020年以降に、映画『グレムリン』のアニメ版シリーズを配信すへく準備に入った。

細かいストーリーやキャストなどは、まだ発表されていないが、映画『グレムリン』にも登場したミスター・ウィングを主人公とした作品になるが、リブートになるのか、映画の世界観の延長となるのかはまだ分かっていない。

映画『グレムリン』は続編企画やリメイクが何度か検討されてきたが、実現には至っておらず、今回ほど具体的に動き出した企画は今までなかった為、続報が期待される。

こんなにある!アニメ化された映画!

『ロボコップ アルファコマンド』1998年

日本でもグッズ展開が活発であった90年代ということもあり、エピソードを抜粋したVHSがレンタル、セル版の両方リリースされていた。

まだDVDの様に映画メディアを購入するというのが主流ではなかった時代にレコード店などに売られていた為、持っているという人もいるのではないだろうか。

『メン・イン・ブラック ザ・シリーズ』1997年

Aircel Comicsというマイナー出版社のコミックが原作ではあるが、ウィル・スミス主演の映画版に触発されてのアニメ化ということで映画のアニメ化となる。

↑のロボコップ同様に日本のレコード店でもエピソードを抜粋したVHSが販売されていた。

『マスク』1995年

『エイリアン』や『ターミネーター』『プレデター』など版権者のコミック作品を取り扱う出版社ダークホースコミックス原作の作品だが、ジム・キャリー主演の映画『マスク』に触発されてアニメ化された。

日本でもVHS化されていて、のちにカートゥーン・ネットワークで放送されたがヒット映画のアニメ版としては、VHSの流通数は多くなかった。

『キングコング』1966年

映画というよりもキャラクターとして『キングコング』をアニメ化した作品。

日本でも放送されていたため、5円ブロマイドが存在しているが比較的価値が低く、状態にもよるが1000円前後で取引きされている。

『ゴジラ ザ・シリーズ』1998

ローランド・エメリッヒ監督版『GODZILLA』のラストに登場する卵から孵ったベビーゴジラがマシュー・ブロデリックが映画で演じていたニックをはじめに見てしまったことでニックを親だと思ってしまうというストーリーで完全に味方サイドとして描かれている映画の正当なる続編アニメ。

製作が予定されていた『GODZILLA 2』も中止になったことから、唯一の続編となり、メカゴジラのUS版サイバーゴジラなど多数の怪獣が出現する。

日本ではスカパー!と合併したことから、今は亡きディレクTVのPPVとして初放送された以降、WOWOWやカートゥーン・ネットワークなどでも放送された。

『ゴジラ』1978

こちらも『キングコング』同様にゴジラというキャラクターを抜粋してアニメ化した作品。

ビジュアルもゴジラとはあまり似ていない。

『ハムナプトラ』2001年

原作であるユニバーサル・モンスター版の方ではなく、レイチェル・ワイズ主演の映画『ハムナプトラ』に触発されてアニメ化された。

映画版の主人公であった、2人の間の子供で『ハムナプトラ2』にも登場したアレックスが活躍する。

『ハムナプトラ3』では大人になっていたため、『ハムナプトラ2』と『ハムナプトラ3』に位置する作品。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1991

『ジュマンジ』1996年

『ザ・リアル・ゴーストバスターズ』1986

スライマー&リアル・ゴーストバスターズ 1988
エクストリーム・ゴーストバスターズ 1997

HBO Maxオリジナル作品カテゴリの最新記事