ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!

MCU

1/5ページ

11月12日(ディズニープラスの日)にシャン・チーやホーム・アローンなど大型コンテンツ大量多数配信決定!!

11月12日はアメリカでDisney+のサービスが開始した日ということで、この日をディズニープラスの日として、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』『ジャングル・クルーズ』といった劇場公開されていた新作から、『ホーム・アローン』のリブート版やシンプソンズの短編作品も配信開始される!! 11月12日に配信開始となるのは、以下の10作品!! 1 全世界興行収入での週末興行収入ランキングNo.1を記録し […]

この映画語らせて!ズバッと評論!!『シャン・チー/テンリングスの伝説』ディズニーが中国市場と、どう向き合うかで今後の行く末が決まってくる!!

作品情報 アメリカ・サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー。 彼には、かつて父が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付け、組織の後継者にる運命から逃げ出した秘密の過去があった。しかし、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、彼は宿命の敵となった父に立ち向かうことができるのか? 『シャン・チー/テンリングスの伝説』レビュー MCU(マーベル・シネマティック・ […]

クリステン・リッターはジェシカ・ジョーンズ再演の準備ができている!! 

マーベルのケヴィン・ファイギが以前、Netflix組のマーベルドラマ作品『デアデビル』『パニッシャー』『アイアン・フィスト』などのキャラクターが2021年秋には使用可能になるという発言をしていたこともあって、実は今、その時期になろうとしている!! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にデアデビルが登場するといわれていたり、キングピンを演じていたヴィンセント・ドノフリオが再演を思わせるような発言 […]

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』撮影中にレティーシャ・ライトが怪我!撮影スケジュールに変更はなし

2022年7月の公開をめざして現在撮影中のMCU映画としては30作目となる『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』だが、シュリ役のレティーシャ・ライトがスタント中に怪我をしたことがわかった。 近くの病院に運ばれたが、怪我の具合は軽傷で、撮影のスケジュールに影響はないとのこと。 2020年8月に若くして亡くなってしまった、チャドウィック・ボーズマンの代役は立てられず、 『ブラックパンサー:ワカン […]

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』俳優の事情的に歴代スパイダーマンの共演は難しい…

予告が公開されて話題となっている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だが、以前から噂されている『スパイダーマン』のトビー・マグワイアと『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールドも登場するのではないかと騒がれ中で、現実的に難しいという問題を説明しよう。 まずトビー・マグワイアは、『スパイダーマン3』以降、ヒーロー映画を避けてきている。 DCでいえばスーパーマンの役がなかなか決 […]

予告解禁『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は全体がドクター・ストレンジの「説教」の可能性

予告編が流出した問題から一変して、公式の予告が公開された『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だが、この予告を観て感じたのは、マルチバース設定は前回の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と同様にミスリードのような気がしてならない。 これは、私個人の推測でしかないが、映画全体がドクター・ストレンジの「説教」という可能性も出てきた。 ドラマの『ロキ』や今後公開される『ドクター・ストレンジ・イン […]

『ロキ』によって「マルチバース」が本格スタート!先行くDCに急ピッチで追いかける姿勢を見せた!!

注意:『ロキ』シーズン1:最終話の結末に触れています 集合映画としてはマーベルよりも先に企画していたにも関わらず、マーベルに『アベンジャーズ』で先を超されてしまったDCコミックスだが、「マルチバース」に関しては、ドラマではあるが『フラッシュ』『アロー』『スーパーガール』などからなる「アローバース」によって、先頭を走っており、ついには大型クロスオーバー・エピソード「Crisis on Infinit […]

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』中国公開中止の危機!中国マネー欲しさのステレオイメージが噛み合ってないのが原因か?!

7月8日から公開される『ブラック・ウィドウ』に続き、日本でも9月3日に公開が決定した『シャン・チー/テン・リングスの伝説 』だが、新型コロナでMCUがことごとく延期になり続けたことの付加価値によって、薄れがちになっているが、今作は観てわかる通り、明らかなる中国マネーを期待した忖度映画である。 『モータルコンバッド』の評でも話した通り、海外におけるアジア人のイメージというのは、偏見や勘違いではなく、 […]

この映画語らせて!ズバッと評論!!(先取り版)『ブラック・ウィドウ』待望の単独作にして、スカヨハが演じる最後のブラック・ウィドウの姿を観ろ!!

作品情報 「アベンジャーズ/エンドゲーム」から2年、マーベル映画が帰ってくる。 孤独な暗殺者ブラック・ウィドウはなぜ、アベンジャーズになったのか―― ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。  姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。 だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべ […]

MCUが描き切れなかった取りこぼしを回収していくドラマシリーズの役割

原作コミックやコンセプトアートからすでにネタバレはしていたものの、ミスリードではなく、ストレートに『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』にて登場を果たしたサム・ウィルソン版キャプテン・アメリカ。 『スパイダーマン:ホームカミング』は一般人の視点、『マイティ・ソー』はファンタジー、そして『キャプテン・アメリカ』は国や政府といったように、MCUの中では、それぞれのキャラクターにそれぞれの描くべ […]

1 5