この映画語らせて!ズバッと評論!!『ターミネーター ニュー・フェイト』

作品情報

ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い『ターミネーター2』の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。『デッドプール』を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカムバックし、シリーズの顔であるT-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。グレース役に『ブレードランナー 2049』『The Turning』のマッケンジー・デイビス、ダニー役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス。

『 ターミネーター ニュー・フェイト 』レビュー

良くも悪くも「正統な続編」って宣伝やめて

ハロウィン』や『プレデターズ』など最近よく使われるようになった正統なる続編という宣伝文句。

今回は『ターミネーター2』の正統なる続編。『ターミネーター:新起動 ジェニシス』も同じことを言っていたから今更通用しないが、タイムトラベルを扱った作品であれば、出来事によって別のタイムラインが発生してもおかしくはないから正統も何もない。

実際問題、リンダ・ハミルトンが今まで出演交渉に応じなかっただけ。

逆にそれが保険でもあったが、今回は念願と言うべきか、リンダ・ハミルトンが出演しているから、「リンダ・ハミルトンが出てないから~」って言い訳は通用しないのだ。

物語は『ターミネーター2』のその後が描かれ、出演者にはクレジットされているが予告編にも登場しないジョン・コナー役のエドワード・ファーロングがどう登場するのか、また俳優自体が存命で最近は薬物トラブルもないだけに、CGIで登場する意味もよく分からなかったが、観たら納得。俳優がいらなくなるのではないかないかというほどにCGIの技術の進歩に驚かされる。『ベオウルフ』の時もそう思ったけど、今となっては比べ物にならない。

ターミネーターを倒しても別のターミネーターがまた送られてくるのではないか、殺したい標的がいるならもっと標的が小さいときに来たらいいのではないか、誰を殺せば未来が変えられるなら、その時々で回りのキャラクターがいなければ死んでいるだろうという展開もあるだけに、標的が1人であるというのもおかしな話…という「ターミネーター」に限らず、タイムトラベルものでよくありがちなツッコミどころは勿論満載にあるし、今に始まったことではないし、それを言い出したら何もできなくなってしまうから、矛盾点については触れないでおこう。

『ターミネーター2』の後、審判の日は回避されてスカイネットは滅びたけれども、AIの進歩で別のタイムラインでもスカイネットではない、別の脅威が誕生していたという何でもあり設定&無限ループ。

スカイネットやサイバーダイン社が関わってきての「ターミネーター」シリーズだと思っている人にとっては、正統な続編と言われていたのに、いきなり否定されたような気分にさせられる。

個人的に別にそれはそれでいいと思うし、『ターミネーター3』も『ターミネーター:新起動 ジェニシス』も別に駄作だとは思ってない。今回も現代の映像技術をフル使用したアクション・シーンの数々は普通にアクション大作としておもしろい。何が問題なのかというと、変な売込みをしているから批判されてしまうのだと思う。普通に「新たに生まれたタイムライン」でいいのではないだろうか。それだったら仮にコケたとしてもまた作れる。

カッコ良すぎる!この映画はマッケンジー・デイヴィスを観ろ!!

すっかりおばあちゃんになってしまった、リンダ・ハミルトンの活躍を観るというよりはマッケンジー・デイヴィスのスタイリッシュ・アクションを観る作品になっていて、実際問題それを観るだけでも価値のある作品。

冒頭のカーチェイスバトルや後半の鎖を振り回してRev-9を攻撃する姿はカッコよすぎる。彼女は今まであまりアクション映画には出演してこなかったが、今後オファーがくるのではないだろうか。

T-800とサラ・コナーの距離感

人間&半人間&ターミネーターの共闘シーンは、それぞれの複雑な思いが絡み合って、絶対に打ち解けられない相手であるアーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800とサラの独特の距離感の描き方も見事。

『ターミネーター2』のときは、同じ型番のターミネーターであっても個体は別ものだったのに対して、今回共闘を強いられるのは、ネタバレになるから詳しくは言えないが「張本人」というだけに、ラスト間際でサラがT-800に対して言った「カール」というセリフには胸を熱くさせられる。

ターミネーターとサラの距離感の描き方は『ターミネーター2』を超えている。

冒頭でダニーの弟ディエゴが工場に機械が導入されたことで人間が解雇されるという、近未来問題に警鐘を鳴らすような内容ともなっている。

『スター・ウォーズ』や『ブレードランナー』の頃はAIなんてSFの世界であったが、リブート版『チャイルド・プレ』や『トランセンデンス』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『サウスパーク』までもが良くも悪くもAIを題材として扱っていて、いよいよAIが人類にとって身近な存在になってきたと言えるだろう。

点数 80点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事