Netflixで配信中の『サウスパーク』が無修正版でかなりヤバい!!

Netflixで配信中の『サウスパーク』が無修正版でかなりヤバい!!

10月から日本で未放送だったシーズン15~21がついに日本でもNetflixで配信され、吹替え版も久しぶりに制作された。

子供たちの声はカートマン役LiLiCo以外は一新されたが、以前まで入っていた自主規制音がなくなっており、放送禁止用語を普通に聞くことができるという配信ならではの無修正使用となっており、普通にファ〇〇やヴァ〇〇、チ〇コ、ザー〇ンなど下ネタと差別発言のオンパレードでもともと修正版自体もカオスではあるが、無修正版はよりカオスな作品となっている。

特に近年の傾向としては、ツイッターなどのSNSと現代のアメリカ社会が抱える問題や政治を巧みに関連づけては皮肉なストーリーとギャグで素直には笑うことができないネタの数々。下ネタ満載と言えども、社会風刺テイストはちゃんと機能しているところがこの作品の侮れないところだ。その証拠にこんなにもシーズンが続いているのだろう。

シーズン21の第2話『スマホを置くべき時』では、大統領の過激な発言によって北朝鮮を怒らせてしまうというアメリカ人がトランプ大統領のツイッターが国民を不安にさせていることでスマホが手放せなくなっていて、そのせいでながら運転で人がたくさん死んでいるという2重も3重もシニカルな内容となっている。

同じくシーズン21の第9話『PC校長のロマンス』ではカナダ人をバカにしたエピソードとなっていて、ついにはカナダに核爆弾を落とすという展開にまで発展した。

通常放送自体が過激なのだが、特に偶像崇拝が禁止されているムハンマドを登場させるという過激な内容となった200話記念エピソードなどお蔵入りになっているものも多いため、観ることができないものもあるが、Netflixの無修正版放送はかなり攻めた行為だと思う。

『サウスパーク』 シーズン15~21 はNetflixで配信中

Netflixオリジナル作品カテゴリの最新記事