この映画語らせて!ズバッと評論!!『運び屋』

作品情報

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたドラマ。家族をないがしろに仕事一筋で生きてきたアール・ストーンだったが、いまは金もなく、孤独な90歳の老人になっていた。商売に失敗して自宅も差し押さえられて途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられたアールは、簡単な仕事だと思って依頼を引き受けたが、実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だった。脚本は『グラン・トリノ』のニック・シェンク。イーストウッドは『人生の特等席』以来6年ぶり、自身の監督作では『グラン・トリノ』以来10年ぶりに俳優として出演も果たした。共演は、アールを追い込んでいく麻薬捜査官役で『アメリカン・スナイパー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のブラッドリー・クーパーのほか、『マトリックス』『マン・オブ・スティール』のローレンス・フィッシュバーン、『オーシャンズ11』『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のアンディ・ガルシアら実力派が集結。イーストウッドの実娘で『タイトロープ』『真夜中のサバナ』のアリソン・イーストウッドも出演している。

『運び屋』レビュー

まさかの実話ベース!クリント・イーストウッドの演技による重圧感が凄い!!

実在した老人の麻薬の運び屋を歳も近い、88歳のクリント・イーストウッドが演じ、監督も勤めた。

歳という残酷な現実による痛々しさがにじみ出ていて、従来のクリント・イーストウッドファンなら特に観ていて辛い部分もある。

インターネットの存在によって、職が奪われてしまったという現代の社会問題を描き、生きていくために、家族のために犯罪に手を染めていくしかなくなってしまうという不の連鎖が浮き彫りにされた作品でもある。正当に働いていて差し押さえにあうよりも麻薬をただ運ぶだけで大金が手に入り、それで家族や友人を幸せにできるという皮肉な現実は永遠のテーマだろうが、90歳の老人がそれをしてしまう社会になってしまったということは悲しい。

裏では麻薬組織との内外の戦いが描かれているのに温度差がある。

クリント・イーストウッドのリアルな演技によってキャラクターのもつ重圧感はひしひしと伝わってくるし、人生を仕事に捧げたことで家族とは疎遠になった男の遅すぎる再生ドラマとしては申し分ないのだが、全体的にサスペンス感が足りないため、映画としては単調になってしまっている。

裏では麻薬取締局と麻薬組織との戦いや麻薬組織内の権力争いが勃発しているという背景がありながら、クリント・イーストウッド演じるアールに焦点が当たりすぎていて、温度差を感じてしまうし、結果的に麻薬組織がどうなったかが描かれていない。

組織内で芽生えた友情や信頼なんかも結果的に薄っぺらく扱われてしまっている。

運び屋を逮捕しただけで終わる規模の犯罪ではないと思うのだが…本来なら逮捕してからどうやって組織を摘発にいたったかを描いてほしいところだ。

意外なことに初共演?!

クリント・イーストウッドのお気に入りのブラッドリー・クーパー。

監督作品に出演はあっても共演は意外なことに今回が初となる。2人の共演シーンは決して多くはなく、数分しかないのだが、映画の中でとても印象的なシーンに仕上がっている。

実娘アリソン・イーストウッドが娘役で出演

女優でクリント・イーストウッドの実の娘アリソン・イーストウッドが娘役で出演している。

仕事で結婚式に出られなかったことで、溝が埋められない父と娘という難しい役どころが妙にリアルに感じられるのは実の親子共演だからかもしれない。

点数 65

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事