この映画語らせて!ズバッと評論!!『ダンス・ウィズ・ミー』

この映画語らせて!ズバッと評論!!『ダンス・ウィズ・ミー』

作品情報

『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖が監督・脚本を手がけたミュージカル・コメディ。一流商社で働く勝ち組OLで、幼いころの苦い思い出からミュージカルを毛嫌いする鈴木静香は、ある日、姪っ子と訪れた遊園地で怪しげな催眠術師のショーを見学し、そこで「曲が流れると歌って踊らずにいられない」という“ミュージカル・スターの催眠術”にかかってしまう。その日から、静香は街中に流れるちょっとしたメロディや携帯の着信音など、あらゆる音楽に反応するように。術を解いてもらおうと再び催眠術師のもとを訪れた静香だったが、そこは既にもぬけの殻。困り果てた彼女は、催眠術師の助手をしていた千絵とともに、催眠術師の行方を捜すが……。『グッモーエビアン!』『いぬやしき』の三吉彩花が主演を務め、ミュージカルシーンの全ての歌とダンスを吹き替えなしで演じる。共演には、お笑い芸人で『純平、考え直せ』にも出演したやしろ優、シンガーソングライターでモデル、「テラスハウス」の出演でも話題になったchay、『怒り』『乱反射』の三浦貴大、『銀魂』『空飛ぶタイヤ』のムロツヨシ、『ゴジラ』の宝田明ら個性豊かなキャストが集結。

『ダンス・ウィズ・ミー』レビュー

ミュージカルへの否定から入ることでミュージカル映画とは一線を引くことに成功している

主人公は幼少期の失敗からミュージカルが大嫌いになってしまったという設定で、日本人のもつミュージカルへの偏見、「なんで急に歌いだすの?頭おかしいじゃん」とか、こっぱずかしいってい負の要素を具現化したような考えを持つキャラクターが催眠術にかかったことから、音楽を聴くと歌い踊り出してしまうという皮肉な状態になったことから起こる反ミュージカルから始まるミュージカル映画。

全体的にゆるいテイストで要点はまとめている。いかにも優等生作品を作る監督・矢口史靖らしい作品。催眠術で仕方なく体が動いてしまうという設定でストーリーと関係性のない歌が多く、ストーリーに音楽がついてまわるというスタイルになっていて、ミュージカルの歌にストーリーが流されるという問題にも対処できている点が既存のミュージカルとは一線を引いているため、ロードムービーに近く、ミュージカル映画かと言われると疑問に感じる点もある。

日常がミュージカルだと幸せどころか不幸ばかり

ミュージカルっていうのは一種の脳内妄想であり、実際に現実社会で歌っているかどうかという部分をあやふやにしてあったり、音楽業界や合唱部などを舞台にすることで回避してきた問題で、そこは実は追求しないで感覚で観るというのがミュージカルの鉄則なわけだが、どうも日本人は体質がミュージカルに合っていない人が多く、理論的に説明を求める部分を逆手にとっている。

静香が歌っている最中は妄想が入っており、曲が終わると一気に回りが引いたり、逃げ出すという…現実で突然、歌い出したり踊り出すと、こんな大惨事になるんですよ~という部分をリアルにお金の問題とかも突き付けらる始末。

キャラクター創作からも現れている通り、真面目にミュージカルにすると過去の日本製ミュージカル映画の失敗を再び招くと考えたのだろう。とにかく徹底的にミュージカルに抵抗がある人に向けたミュージカル映画でディスりから始まって最終的には愛を感じられるという点では『翔んで埼玉』に通じる部分がある。

「テラスハウス」以来のchayの演技

既存のヒットソングを駆使しているため、映画のオリジナル曲はないが、chayが歌う曲に関しては、ストリート・ミュージシャンという設定上、オリジナルもしくは彼女の曲を使ってあげてもよかったと思う。

「テラスハウス」を設定上、演技と言ったらいけないのかもしれないけど、chayの久しぶり演技が見れるし、違和感があまりなかったから、女優としてのオファーが今後増えるかもしれない。

宝田明演じる催眠術師マーチン上田の胡散臭さは見事だが、三浦貴大の演じている村上が良い役でも悪い役でもなく、いまいちキャラクター像がつかみにくい。ムロツヨシは後半の30分ぐらいで一気に出番が増えるが、絶対的に出番をもっとちりばめておいてもよかった気はする。

点数 69点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事