ジョン・ウー『男たちの挽歌・最終章』のリメイク企画からルピタ・ニョンゴが離脱

ジョン・ウー『男たちの挽歌・最終章』のリメイク企画からルピタ・ニョンゴが離脱

ジョン・ウーの出世作『男たちの挽歌』とは関係はないが、日本が『狼 男たちの挽歌・最終章』という邦題を付けた「The Killer」をジョン・ウー自らの手でハリウッド・リメイクする企画で主人公を女性にする際に『アス』『リトルモンスター』のルピタ・ニョンゴがキャスティング予定とされていた。

しかし、ルピタ・ニョンゴが出演を辞退したことが判明した。

彼女が辞退した理由は明確にはされていないが、何らかの映画のスケジュールとカブってしまったための辞退とみられている。

今後出演予定の作品としては『X-MEN ダーク・フェニックス』のサイモン・キンバーグが手がける『女神の見えざる手』『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のジェシカ・チャステイン主演のスパイスリラー『355』の他、ドラマシリーズ『Americanah』や2022年の5月6日に公開予定の『ブラックパンサー2』に出演するとされているなどが控えている。

最新映画情報カテゴリの最新記事