ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!

ついにMCUに「X-MEN」作品が参戦!権利関係が微妙な「スパイダーマン」のオリジナル作品も!!

ついにMCUに「X-MEN」作品が参戦!権利関係が微妙な「スパイダーマン」のオリジナル作品も!!

Disney+のアメリカサービス開始2周年を記念して11月12日に一斉に公開された新コンテンツの中で、次のDisney+におけるMCU関連作品の情報が解禁となった!!

『シー・ハルク』『ムーンナイト』『ミズ・マーベル』といった作品の初公開映像と共に『エコー』や『アガサ』といった作品が正式発表となった。それに加え、以前から噂されていた『マーベル・ゾンビーズ』の単独シリーズ化も発表された。

X-MENの参加のタイミングが模索されている中で、アニメシリーズとして『X-Men ’97』も発表。

これはコミックでも取上げられることの多い年代であり、X-MENのテレビアニメシリーズの中でも、日本でも放送されていたりと、最も人気を博したシリーズにリスペクトしたものであるが、そのアニメシリーズのリメイク的な作品となると同時に、MCUとの関連性を持った作品となるのであれば、90年代からX-MENが存在していたことになる。

ただ『ホワット・イフ…?』のように、アニメ独自の展開をみせるものもあるため、橋渡しのような作品になるのかは不明。

一方、驚いたのはスパイダーマンの新作「フレッシュマン・イヤー」がアニメとして製作されることだ。こちらはMCUに参加する前のピーター・パーカーが描かれるということで、おそらく『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より前の物語になると思われる。

サム・ライミ版『スパイダーマン』、『アメイジング・スパイダーマン』では描かれた誕生秘話が抜けている状態のMCU版スパイダーマンのフォローアップ的な作品になるようだ。

ネタバレ解禁前ということで、詳しいことは言えないが、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』において無数の可能性が提示された「スパイダーマン」シリーズだけに、今後ソニーとディズニーに跨ったかたちでどのような発展を遂げていくのかは期待とともに不安もある。

Disney+オリジナル作品カテゴリの最新記事