ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!

アメコミ映画

1/10ページ

『リバーデイル』シーズン5-15でプッシーキャッツ復活!「Return of the Pussycats」はプロローグか?! 

2001年にレイチェル・リー・クック主演で実写映画化された『プッシーキャッツ』(ちなみに私の著書「発掘!未公開映画研究所」でも魅力について語っている)から早いもので20周年となる今年は、イギリスでサントラのレコード盤が発売されるなど、コアな人気となっているものの、近年においてプッシーキャッツといえば、やはり「アーチーズ」をダークで人間関係ドロドロにドラマ化した『リバーデイル』だと言えるだろう。 そ […]

『プッシーキャッツ』20周年記念にサントラがレコード化!デジューは7インチ盤という拘りも!!

レイチェル・リー・クック主演でアーチーコミック、ハンナ・バーベラアニメの「ドラドラ子猫とチャカチチャカ娘」を実写映画化した『プッシーキャッツ』が公開された2001年から20年周年となる今年は、レイチェル、タラ・リード、ロザリオ・ドーソンが登壇するイベント、YouTubeでの再会映像配信など、続編やリブートも期待されている。 そんな中で、日本のゲームやアニメ、『コブラ会』『スーパーマン』など、オタク […]

『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 ロンドンにて世界最初の ファン・スクリーニング・イベント開催

現地時間9月14日に、映画館やミュージカル劇場、クラブなどが集中する英・ロンドンのシネワールド・レスター・スクエアにてファン・スクリーニング・イベントが開催された! この日がファンにとっての世界最初の試写会イベントとなった。レッドカーペットでは、前作『ヴェノム』に引き続き、エディ・ブロック役を務める主演のトム・ハーディ、監督のアンディ・サーキス、そしてトムの愛犬ブルーが参加! 会場となった映画館の […]

THE映画紹介『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』待望のシルバーサーファーは登場するが肝心のギャラクタス…

アメリカ映画、インド映画、ドイツ映画、アジア映画、アニメ、ドキュメンタリー….なんでもあり!! 今回紹介するのは『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』 作品情報 広大な宇宙にある一つの星を破壊した強大なエネルギーが、彗星のような閃光となって地球へ飛来した。それは日本の駿河湾を凍結させ、エジプトには雪を降らせ、ロサンゼルスで大停電を引き起こしたー。そんな怪現象以上に全米のディアを賑わ […]

何度も挫折してきた『ロケッティア』リメイク企画に進展!Disney+映画として製作へ!!

デイヴ・スティーヴンスの人気コミックを1991年にディズニーが映画化した『ロケッティア』は、カルト的人気となり、その後もキャラクター商品や続編コミックなどが発売される一方で、続編やリメイク企画は何度も挫折してきている。 ディズニーは『ロケッティア』をリメイクする企画を2012年と2016年頃に発表してきたがどちらも実現には至っていない。 しかし、今回はすでに脚本をエド・リコールが執筆しており、『ド […]

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』撮影中にレティーシャ・ライトが怪我!撮影スケジュールに変更はなし

2022年7月の公開をめざして現在撮影中のMCU映画としては30作目となる『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』だが、シュリ役のレティーシャ・ライトがスタント中に怪我をしたことがわかった。 近くの病院に運ばれたが、怪我の具合は軽傷で、撮影のスケジュールに影響はないとのこと。 2020年8月に若くして亡くなってしまった、チャドウィック・ボーズマンの代役は立てられず、 『ブラックパンサー:ワカン […]

フランス語のグラフィック・ノベル「サンド・キャッスル」を下敷きにした『オールド』

『アンブレイカブル』『ミスター・ガラス』などコミックの影響を強く受けている監督のM・ナイト・シャマランの新作は、娘たちが父の日にプレゼントしてくれたグラフィックノベル「サンド・キャッスル」が下敷きとなっている。 「サンド・キャッスル」という作品は、2010年にスイスの出版社Atrabileが発行したフランス語のグラフィックノベルで、2011年に英語翻訳され、アメリカでも発売されたもの。 今までにも […]

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』俳優の事情的に歴代スパイダーマンの共演は難しい…

予告が公開されて話題となっている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だが、以前から噂されている『スパイダーマン』のトビー・マグワイアと『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールドも登場するのではないかと騒がれ中で、現実的に難しいという問題を説明しよう。 まずトビー・マグワイアは、『スパイダーマン3』以降、ヒーロー映画を避けてきている。 DCでいえばスーパーマンの役がなかなか決 […]

予告解禁『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は全体がドクター・ストレンジの「説教」の可能性

予告編が流出した問題から一変して、公式の予告が公開された『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だが、この予告を観て感じたのは、マルチバース設定は前回の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と同様にミスリードのような気がしてならない。 これは、私個人の推測でしかないが、映画全体がドクター・ストレンジの「説教」という可能性も出てきた。 ドラマの『ロキ』や今後公開される『ドクター・ストレンジ・イン […]

リブート版『スポーン』の脚本家にブライアン・タッカーが参加でついに動くか?

1997年に公開されて以降、続編企画はあったものの、製作には至らなかった。 近年になって、「スポーン」の原作者であるトッド・マクファーレンが自ら監督・製作・脚本を務める予定でスタートした、リブート版『スポーン』企画だったが、主人公のアル・シモンズ役にジェイミー・フォックス、トゥイッチ役にジェレミー・レナーもキャスティングされたという情報まで入ったものの、なかなか着手されず、今となっては、ジェイミー […]

1 10