『シンデレラ・ストーリー5』Netflixで配信決定!ところで3~4は??

『シンデレラ・ストーリー5』Netflixで配信決定!ところで3~4は??

リジー・マグワイア ムービー』『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』のヒラリー・ダフ主演で2004年劇場公開された(日本では未公開でDVDスルー)映画『シンデレラ・ストーリー』をDVDオリジナル作品としてシリーズ化した「シンデレラ・ストーリー」シリーズの第5弾で『レディ・バード』のローラ・マラノが主演を勤めた『シンデレラ・ストーリー5:クリスマスの願い』がNetflixで配信されることが決定した。

ここで気になるのが3~4は?という疑問が発生してしまう。

セレーナ・ゴメスとドリュー・シーリー主演の2作目『シンデレラ・ストーリー2 ドリームダンサー』は、辛うじて日本でもDVDがリリースされて、レンタル版も存在しているが3~4に関しては、海外ではDVDリリースされているものの、日本国内ではiTunseだったり、Amazonプライムだったり、CSの限定放送だったり...とかなり観られる場所が限られていて、検索してもなかなか引っかからない。

ヒラリー・ダフの1作目は本当の意味で現代版「シンデレラ」を目指したものだったのに対して、2作目以降は「シンデレラ・ストーリー」というジャンルを大幅解釈した、ほとんどのティーン向けガーリームービーが当てはまる様なざっくりしたテーマで1作目とは何の関係もない作品になっていて、どの作品も繋がってはいない。

『シンデレラ・ストーリー2 ドリームダンサー』以降は、音楽映画テイストというのは共通していて、4作目『A Cinderella Story: If the Shoe Fits』は『ディセンダント』のソフィア・カーソンが主演で音楽性も評価されていたが、今回の 『シンデレラ・ストーリー5:クリスマスの願い』は、音楽映画ではなく、クリスマス・ムービーに置き換えられてはいる。

しかし、エルフのコスプレが『ラスト・クリスマス』のエミリア・クラークとカブっていながら、安っぽい感じがいかにもB級テイストを漂わせてしまっている。

DVD化されていないのに、ナンバリングされているため、混乱を招いている作品ではあるし、Netflixでも2~4は配信されていないのに 『シンデレラ・ストーリー5:クリスマスの願い』というタイトルでよくゴーサインが出たな!という感じなのだが、『シンデレラ・ストーリー5:クリスマスの願い』もDVD化の予定は全くないため、もし6作目がリリースされた場合、また3~5はどこで観れるのか問題が勃発してしまうのだ。

Netflixオリジナル作品カテゴリの最新記事