『エージェント・オフ・シールド』のスピンオフ企画はデマだった

『エージェント・オフ・シールド』のスピンオフ企画はデマだった

アメリカで5月27日から放送開始のシーズン7でフィナーレとなるドラマシリーズ『エージェント・オブ・シールド』

ドラマとなるか映画となるかで審議中であるMCUに直結する作品『シークレット・ウォーリアーズ』の企画を繋ぐ作品として、『エージェント・オブ・シールド』でデイジー・ジョンソンこと「クエイク」を主人公としたスピンオフをDisney+のオリジナルドラマとして製作するという噂が流れていた。

アニメシリーズ『マーベル・ライジング:シークレット・ウォーリアーズ』にも「クエイク」が登場しており、クロエ・ベネットが声優を務めていたこともあり、噂が広まったものと思われる。

しかし、デイジーを演じるクロエ・ベネットにその噂について尋ねたところ、そもそもそんな企画自体のオファーを受けたこともないし、存在もしらないとコメントしたことで完全のデマであったことが判明した。

クロエ・ベネットは『ヴァレー・ガール』に出演するなど今後の活躍が期待されている女優だが、今後もMCU作品に関わることになるのかは、まだ不明だ。

2000文字以上の映画に関する記事書きます 宣伝から、批評までお客様のニーズにお答えします

海外ドラマ特集カテゴリの最新記事