ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!

最新インド映画情報局

コリウッド映画『ヴィクラムとヴェーダ』のボリウッド・リメイクにリティク・ローシャン!!

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『クリッシュ』『家族の四季 -愛すれど遠く離れて-』などに出演し、『クリッシュ4』の製作も控えているボリウッドのトップスター、リティク・ローシャンがコリウッド映画『ヴィクラムとヴェーダ』のボリウッド・リメイクの主演に抜擢された。 『ヴィクラムとヴェーダ』は、2017年に公開されたタミル語の映画であり、日本では劇場公開はされていないが、第30回東京国際映画祭 […]

ソーナム・カプール主演作『ラーンジャナー』『ニールジャー』JAIHOで配信へ!!

毎月厳選した30作品を配信する動画配信サービス「JAIHO」 ソフト化もされていなければ、配信もされていない、日本では観ることができないレアなインド映画を配信しているのも特徴的なサービスであるが、 2022年1月20日~2022年3月20日の期間限定で『ラーンジャナー』(DVD:2022年2月レンタルリリース)が配信される。 『ラーンジャナー』は『タヌとマヌは結ばれる』『ZERO』のアーナンド・L […]

実在する女性クリケット選手をタープスィー・パンヌーが演じる『Shabaash Mithu』2022年2月公開へ!!

インドの国民的スポーツクリケットは男性のスポーツとして知られているが、そんな男性社会のクリケット界に風穴を開けた、実在する女性クリケット選手Mithali Rajの伝記映画『Shabaash Mithu』 新型コロナウイルスの影響で延期が続いていたが、ついに2022年2月公開が決定した!! 監督を務めるのは、Netflixの短編ドラマ『サタジット・レイの世界』を手掛けたスリジット・ムケルジー。 そ […]

ヒンディー映画『Satyameva Jayate2』劇中ダンス「Kusu Kusu Song」シーン映像解禁!!

2018年のボリウッド・アクション映画『Satyameva Jayate』の続編となる『Satyameva Jayate 2』が11月25日にインドで公開される。 公開に先行して、より映画の注目度を上げるために、劇中で使用されている曲「Kusu Kusu」のダンスシーン映像が解禁となった!! 映画本編にも出演し、『ストリート・ダンサー3D』『ロッキーハンサム』などでも話題を集め、リティク・ローシャ […]

ラーニー・ムケルジー&サイーフ・アリー・カーン共演作『Bunty Aur Babli 2』のダンスシーンが解禁!!

ラーニー・ムケルジーとアビシェーク・バッチャンの共演によるクライム・コメディ『Bunty Aur Babli』(2005)のつながらない続編として、ラーニーそのままで相手役として『Bhoot Police』『たとえ明日が来なくても』のサイーフ・アリー・カーンを迎えた新作『Bunty Aur Babli 2』の公開に先駆けて、予告とダンスシーンMVが解禁となった。 ボリウッドでも新型コロナで延期にな […]

『シンデレラ』今度はインドのコリウッドで残酷シーン満載のホラー・ファンタジーに!! 

Amazonプライムビデオで配信開始されてから話題となっているカミラ・カベロ版「シンデレラ」だが、今度はインドの「コリウッド」(タミル語圏内)映画として、ホラー色強めに製作された『シンデレラ』 今の時代のテイスト似合わない、男尊女卑のステレオタイプの象徴であるような「シンデレラ」だけに、様々なアプローチが逆にやりやすいのかもしれない。 2019年に予告が解禁になったものの、新型コロナの影響で大幅に […]

最新インド映画情報局 :『777 Charlie』意外となかった??インド産犬映画!!

インド映画において動物映画といえば思いつくものがあるだろうか…真っ先に思いつくのはトラのイメージであり、アカデミー賞を受賞した『ライフ・オブ・パイ』を思い浮かべるかもしれないが、実はインドが舞台となっているだけで、アメリカ映画である。 ちなみに『ジャッリカットゥ牛の怒り』という映画が7月に日本でも公開されるが、動物映画という位置づけとしては…といった感じではあるが、それに続 […]

最新インド映画情報局 :『Gangubai Kathiawadi』実在したムンバイのマフィアクィーンを描いたノンフィクション小説を映画化!!

当初の企画では、『ザ・ホワイトタイガー』『マトリックス4』のプリヤンカ・チョープラー主演でほぼ決定とされていたが、スケジュールの都合で降板し、『あなたを夢みて』『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』のラーニー・ムケルジーも候補に挙がったが、ラーニーはオファーを断ったため、『ガリーボーイ』『ディア・ライフ』のアーリアー・バットに決定した。 2019年末からムンバイで撮影が開始されていた作品だが、 […]