新作映画紹介『女王陛下のお気に入り』

作品情報

『ロブスター』『聖なる鹿殺し』のギリシャの変態監督・ヨルゴス・ランティモスが、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描いたドロドロコミカルな人間ドラマ。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞し、女王アンを演じた『ホット・ファズ』『ロブスター』のオリビア・コールマンも女優賞を受賞した。18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落した貴族の娘でサラの従妹にあたるアビゲイルが宮廷に現れ、サラの働きかけもあり、アン女王の侍女として仕えることになる。サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、女王のお気に入りになることでチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。出演は『ラ・ラ・ランド』『ゾンビランド』のエマ・ストーン、『ナイロビの蜂』『否定と肯定』のレイチェル・ワイズ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『アバウト・ア・ボーイ』のニコラス・ホルトなど。

『女王陛下のお気に入り』が凄い理由

納得のアカデミー賞最多ノミネート!

第91回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞など10部門という最多ノミネートされた作品で大本命!!

アカデミー賞の他にもゴールデングローブ賞ほか数々の映画賞にノミネート・受賞された作品で、舞台も18世紀ということから、さぞかしお堅い映画、年齢層高めの映画なんだろうという印象があるかもしれないが、この映画ははっきり言ってシニカル・コメディ。

いかにも堅い映画という雰囲気を作っておいてのギャップがよりコメディ・パートの質を高めるという化学変化は流石。

舞台背景を知っていた方がより楽しめることは間違いないが、全く知らりなくても単純に楽しいし、ドロドロな昼ドラや韓国ドラマが好きな人は大好物な映画だろう。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア【Blu-ray】 [ コリン・ファレル ]

価格:4,226円
(2019/2/8 14:18時点)

監督は変態のヨルゴス・ランティモス

監督のヨルゴス・ランティモスといえば『ロブスター』や『聖なる鹿殺し』など日常を描きながらもぶっ飛んだ世界観を盛り込んだ作風と感性がもは変態な監督。

そんな変態監督の新作ということで、一筋縄でいくはずもない!

シニカルでダークな世界観の中にも笑っていい?と自分の感性を疑いかねない様な部分があるのも特徴的で、この映画は正に集大成と言ってもいいのかもしれない。

今までヨルゴス監督作品を観たことがない人もヨルゴス・ワールドの入りの作品としてもいいと思う。

ロブスター スペシャル・プライス [ コリン・ファレル ]

価格:1,000円
(2019/2/8 13:14時点)

レイチェル・ワイズ久しぶりのコメディが新鮮

レイチェル・ワイズと言えばヒューマン・ドラマやサスペンスなどに多く出演しているため、あまりコメディというイメージがないが、それを逆手にとってのキャスティングだとしたら大成功!

エマ・ストーンは笑わす気満点なのに対して、クールに笑いを誘うという役どころが見事にマッチしていて、主演のオリビア・コールマンを含めると3種類の異なる笑いが散りばめられていて、誰を応援するかで観方もかわってくる。

ちなみにロバート役のニコラス・ホルトとはヒュー・グラント主演の『アバウト・ア・ボーイ』でニコラスが子役時代に共演している。

否定と肯定【Blu-ray】 [ レイチェル・ワイズ ]

価格:4,062円
(2019/2/8 14:19時点)

美術に手を抜かず当時の王室を完全再現!

作品が素晴さとは別に、とにかく18世紀の美しい造形物の数々が目を惹く。

俳優の演技、個性、脚本、そして美術...と脇をしっかり固めているからこそリアリティがあるのに、どこか一味違う世界観が表現可能となるのではないだろうか。

美術はいいし、おしゃれなんだけど...内容がねぇ~なんてことを言わせないところが凄い。

マリー・アントワネット [ キルスティン・ダンスト ]

価格:3,703円
(2019/2/8 14:37時点)

最新映画情報カテゴリの最新記事