ラジオ番組「バフィーの映画な話」Spotifyなどで毎週配信中!!

デンマーク映画

2022年1月最新映画情報『マザーズ』”ボーダー 二つの世界”のアリ・アッバシ長編監督デビュー作がついに日本公開へ!!

イントロダクション 第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門でグランプリを受賞した『ボーダー 二つの世界』のアリ・アッバシ監督がベルリン国際映画祭ほか、世界中の映画祭を席捲し「ローズマリーの赤ちゃん」と並び称され、絶賛を受けたマタニティ・ホラーの最高傑作。 ストーリー シングルマザーのエレナは、ルイスとカスパー夫妻の家へ住み込みの家政婦としてやってきた。夫妻は資産家ながら、自給自足の生活を目指し […]

この映画語らせて!ズバッと評論!!『ライダーズ・オブ・ジャスティス』悲劇は神の試練であり全てに理由があるという……宗教映画!!

作品情報 妻が列車事故で亡くなったという報せを受け、軍人のマークスはアフガニスタンでの任務を離れ娘の元へ帰国する。悲しみに暮れる娘を前に無力感にさいなまれるマークスだったが、彼の元を二人の男が訪ねてくる。その中の一人、妻と同じ列車に乗っていたという数学者のオットーは、事故は“ライダーズ・オブ・ジャスティス”という犯罪組織が、殺人事件の重要な証人を暗殺するために周到に計画された事件だとマークスに告げ […]

2022年1月最新映画情報『ライダーズ・オブ・ジャスティス』妻を殺された現役軍人VS犯罪組織勃発!怒り狂ったマッツは止められない!!

イントロダクション 主演を務めるのは“北欧の至宝”と称され、『ファンタスティック・ビースト』『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作への出演も決定し、ハリウッドの第一線で活躍する国際派俳優のマッツ・ミケルセン。本作で5度目のタッグを組む盟友アナス・トマス・イェンセン監督の下、復讐の炎を燃やす軍人に扮し、ハードなアクションや重厚な演技を披露している。さらに、『特捜部Q』シリーズのニコライ・リー・コース […]

娘の死を乗り越えて制作された第93回アカデミー賞国際長編映画賞受賞作品『アナザーラウンド』

第93回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞、監督賞ノミネートを果たした『アナザーラウンド』が日本でも9月3日から公開される。 『偽りなき者』に続き、マッツ・ミケルセン主演・トマス・ヴィンターベア監督というタッグによる新作であるが、今作の制作中に悲しい出来事が起きてしまった。 それは、トマスの19歳の娘アイダが交通事故によって亡くなってしまったのだ。アイダは今作でマッツが演じるマーティンの娘役として、 […]

「平原の女王」と呼ばれたアメリカ西部開拓時代初の女性ガンマン、カラミティ・ジェーンをライトな視点でアニメ映画化!!『カラミティ』

アメリカ西部開拓時代、初の女性ガンマンとして知られ、「平原の女王」とも呼ばれた実在した人物、「カラミティ・ジェーン」ことマーサ・ジェーン・キャナリーの子供時代を描いた長編アニメーション映画が『カラミティ』だ。 今作を制作したのは、『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』に続き、監督も務めたレミ・シャイエ率いるアニメーション制作チームであり、『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』 と同様に輪郭 […]

THE映画紹介『偽りなき者』日常に潜む「不信感」という恐怖を描いた、ある意味ホラー作品!!

作品情報 『セレブレーション』『光のほうへ』で知られるデンマークの名匠トマス・ビンターベアが、『007 カジノ・ロワイヤル』『アフター・ウェディング』のマッツ・ミケルセンを主演に迎えたヒューマンドラマ。変質者の烙印を押された男が、自らの尊厳を守り抜くため苦闘する姿を描き、2012年・第65回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞ほか3冠に輝いた。親友テオの娘クララの作り話がもとで変質者の烙印を押されたルー […]