ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!
第34回東京国際映画祭:『クレーン・ランタン』ドキュメンタリーと劇映画の中間を映像美で描き出す!!

アゼルバイジャンの村を舞台としたドキュメンタリー3部作「When the Persimmons」(日本未公開)などドキュメンタリー映画得意とするヒラル・バイダロフだが、そのリアリティの中にドラマ性を盛り込んだ手法で作られた劇映画『死ぬ間際』では2020年に第21回東京フィルメックス・グランプリを受賞。

そんなヒラルの新作となるのが『クレーン・ランタン』だ。

今作でも女性を誘拐した罪で服役している男と法学生との対話をヒラルの得意とする幻想的な演出と美しい風景の中で展開される。

メキシコ映画『闇のあとの光』『われらの時代』などの名匠カルロス・レイガダスがプロデューサーを務め、『デッド・ドント・ダイ』や「リーサル・ウェポン」シリーズに出演する俳優ダニー・グローヴァーが率いるルーヴァーチェア・フィルムズも製作に加わっていることも注目してもらいたい!!

TOHOシネマズ シャンテ スクリーン1 10/31 [SUN] 15:45- (本編101分) – 一般¥1600 学生¥1100 学生当日¥500(上映当日0:00~)

TOHOシネマズ シャンテ スクリーン3 11/04 [THU] 12:55- (本編101分) 一般¥1600 学生¥1100 学生当日¥500(上映当日0:00~)

オンラインチケット サイトへ

東京国際映画祭作品特集カテゴリの最新記事