この映画語らせて!ズバッと評論!!『フォードVSフェラーリ』

この映画語らせて!ズバッと評論!!『フォードVSフェラーリ』

作品情報

『オーシャンズ11』『ダウンサイズ』のマット・デイモンと『ダークナイト』『マシニスト』のクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演を務め、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが……。シェルビーをデイモン、マイルズをベールがそれぞれ演じる。監督は『LOGAN ローガン』『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』のジェームズ・マンゴールド。

『フォードVSフェラーリ』レビュー

どの雑誌やサイトの評価を見ても良いことしか書いてないから、なんらかの力が動いているプロパガンダの様にも思えてくるのだが、この作品が決定的に欠けている部分は企業戦争という部分の密度とプロセスの描き方である。

どのレビューでも書いてあることは、作品の情報や時代背景、ストーリーが良いというものばかりで予告編だけ観ても言える感想が多い。

CGを使わない、死と隣り合わせのル・マン24時間耐久レースに挑むレース映画や娯楽作品としては、爽快感やスピード感、エンジンの振動まで伝わってくるぐらいの臨場感がある。

しかし、この映画は娯楽作品として作られたわけではないと思う。例えば「ワイルドスピード」シリーズを観た感想として企業間がどうか言ってたら、言っている方がバカなわけだが、この映画のメインはやはり企業間の駆け引きに下で働く人間たちが巻き込まれていく中で何かを変えていこうというサクセスストーリーでなくてはならないのだが、この作品...決定的にその部分が弱い

これはフランシス・フォード・コッポラ監督作品の『タッカー』でも思ったことではあるが、不可能なことに挑戦するという入り方は上手いのだが、挑戦中に見つけた問題や新たな不安材料、物理的に不可能...という開発プロセスならではの苦悩というのが、なんとなくあっさり描かれてしまっていて、何となく解決されてしまっている。

おそらくこの映画でフォードのオフィスサイドでの主人公は、『ウォーキング・デッド』のシェーン役でおなじみのジョーン・バーサルが演じたリー・アイアコッカである。フォード2世にフォード買収をもちかけたり、レースに出るためにメンバーを集めたりする重要な役割で、それに対して嫌な顔をしているのがジョシュ・ルーカス演じるレオ・ビーブだ。

フォードの中で勃発する社内冷戦とフォード2世という絶対的存在を無視はできないという、会社役員独特の胃が痛くなるような状況なのに開発チームは好き勝手なこと言ってくる。

ちなみにジョシュ・ルーカスが悪人顔だから悪いやつに思えてしまうのだが、性格は悪いかもしれないが会社のイメージや販売戦略を考えての発言や行動だから、決して悪ではないのだ。

リーは比較的良いやつなだけに、企業とレースチーム、開発チームの間でもう少し奮闘してほしかった。後半はその役割がシェルビーの方に偏りすぎてしまって、フォードの社内の空気感というのがあまり描かれなくなってしまい、本来はル・マンで大勝利をおさめた瞬間にフォードがお高くとまっているフェラーリをぶちのめしたレースチーム側の喜びと企業としての喜びをリンクさせてほしいところだったのが、後半は両サイドがそれぞれ孤立してしまっていて、ケンがレースの最後でとった行動は 「やはりケンも企業の人間のひとりだった」という虚しさを残してしまう。

冒頭でケンは自分の経営していた車の整備会社に来た客をからかって怒らせるシーンがあるが、レースで最後にとった行動は、この対比となっているのだ。されは何故か...それは家族の存在があったからだ。家族がいるし、自分も若いわけではない、せっかく雇われたのに職を失うわけにはいかない身としてフォードの意向を無視することはできなかったのだろう。

その過程として、ケンと息子であるピーターや妻との絆は丁寧に描かれていたことで、上の意向に従った=「負け」ではないという印象をもたせたことでこれはこれで悪くはない虚しさによる結末ではあると思うが、もう少しフォードというものを掘り下げてほしかったし、フォードの別のレーサーたちとの距離感というのも描いてほしかった。

ル・マン24時間耐久レースは2人で交代で挑むわけで、ケン・マイルズのほかにもう1人いるわけだが、その人はチラリと映るだけでほとんど触れられない。ちょっと待ってくれ!いくらケン・マイルズが知識もテクニックも優れたレーサーで一匹狼かもしれないが、ル・マンは一瞬気を抜けば死が待っているという極限の状態なわけで、ケンが走っていない間はもう1人が無事に繋いでくれなければ、この挑戦自体が終わってしまうし、勝つこともできない。もう1人の存在も絶対に重要。つまりそのもう1人も戦友なのだ。

それにしてもクリスチャン・ベールは『バイス』でも太っていたのに、今回は痩せ型になっていて、カメレオン俳優なのは分かるが、体を大事にしてほしい

点数 72点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事