ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!
松竹ブロードウェイシネマの新作はロビー・フェアチャイルド版『パリのアメリカ人』だっ!!

『ジャニス・ジョプリン』『キンキー・ブーツ』など松竹ブロードウェイシネマの次回作に選ばれたのは2015年から舞台がスタートしたものを2016年に映画として収録し、アメリカでは2018年に公開された『パリのアメリカ人』

1951年の名作ミュージカル『巴里のアメリカ人』の舞台版であるが、この舞台版で特徴的なのは、バレエダンサーたちを主体としたバレイ・ミュージカルという点であり、『巴里のアメリカ人』とは、また違った楽しみ方のできる作品となっている。

主演はニューヨーク・シティ・バレエ団の元バレエダンサーとして知られ、映画版『キャッツ』でマンカストラップを演じていたロバート・フェアチャイルドことロビー・チャイルド。

ロビーはこの『パリのアメリカ人』でトニー賞にノミネートされているほどであるが、ヒロインのリズ役のリャーン・コープも、英国ロイヤル・バレエ団のトップダンサーであることから、ハイクオリティなバレエ劇としての側面からも申し分ない作品である。

2021年10月15日より(金)全国公開

2000文字以上の映画に関する記事書きます 宣伝から、批評までお客様のニーズにお答えします

最新映画情報カテゴリの最新記事