ラジオ番組「バフィーの映画な話」毎週配信中!!
世界を明るくするミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』集中特集企画:第1回「美術」

試写で一足早く観た感想としては、今年最大のエンターテイメントと言っても過言ではない!

冒頭に流れる、キャストのお披露目曲「イン・ザ・ハイツ」の見事なまでの再現度に加え、舞台よりもカラフルな色彩で演出された、舞台超えのオープニングには、思わず「ここまでやってくれた」という想いに涙を流してしまった!!

今年は『リスペクト』『ウエスト・サイド・ストーリー』『ジェイミー』『Tick, Tick… Boom!』などなど…ミュージカル映画イヤーである。

ハッピーなエンターテイメントという印象の強いミュージカルではあるが、実は差別や政治に対してのメッセージ性も強く、ストーリーだけを聞くと暗い気持ちになってしまうこともあるが、そんな暗い話題をハッピーに処理してしまうものこそがミュージカルの醍醐味でもある。

新型コロナで暗くなってしまった世の中を救うには、ミュージカルというエンターテイメントはうってつけなのだ。

詳しい評論は公開日近くにするとして、日本公開日までに、『イン・ザ・ハイツ』が何倍も楽しめる要素を紹介していく企画の第1回目は「美術」

今作の監督であるジョン・M・チュウの出世作でもあり、アメリカ映画だというのに、オールアジア人キャストで製作したことが話題となった『クレイジー・リッチ!』だが、『クレイジー・リッチ!』の色彩感覚は正にミュージカル向きと言っても過言ではなかっただけに、今回のミュージカルを監督する流れというのは、もはや必然でもあったのだ。

そんな色彩感覚とミュージカルの融合を実現に導いたのは、『クレイジー・リッチ!』でも美術を担当したネルソン・コーツとセット・デコレーターのアンドリュー・ベースマンの力も大きく働いている。

舞台構図は勿論のこと、壁に書かれているグラフィック・アートや絵のひとつひとつが素晴らしいのだが、個人的に注目してもらいたい点は、アンソニー・ラモス演じるウスナビが店長をしているスーパーの商品配置である。

置いてあるのは、そこらにある単なる食料品や日用品、雑貨の数々なのだが、配置の仕方に工夫が感じられる。ここまでスーパーがアートの一部のように演出された映画があっただろうか…

是非、劇場でアート体験してもらいたい!!

『イン・ザ・ハイツ』2021年7月30日(金)公開

オフィシャルサイト:http://intheheights-movie.jp/

オフィシャルTikTok:https://www.tiktok.com/@intheheightsm…#インザハイツ

監督:ジョン・M・チュウ『クレイジー・リッチ!

製作:リン=マニュエル・ミランダ『モアナと伝説の海』作曲/歌、ミュージカル「ハミルトン

出演:アンソニー・ラモス『アリー/スター誕生』『トロールズ ミュージック・パワー

コーリー・ホーキンズ『キングコング:髑髏島の巨神』『ウォーキング・デッド』『ブラック・クランズマン

レスリー・グレース

メリッサ・バレラ『カルメン』

ダーシャ・ポランコ『オレンジ・イズ・ニューブラック』『ジョイ』

オルガ・メレディス「イン・ザ・ハイツ(舞台版)」

ジミー・スミッツ「スター・ウォーズ」シリーズ 、『デクスター 警察官は殺人鬼

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

2000文字以上の映画に関する記事書きます 宣伝から、批評までお客様のニーズにお答えします

最新映画情報カテゴリの最新記事