この映画語らせて!ズバッと評論!!『地獄少女』

この映画語らせて!ズバッと評論!!『地獄少女』

作品情報

2005年に第1期が放送され、ドラマ化もされた人気オリジナルテレビアニメ「地獄少女」を、『不能犯』『ノロイ』の白石晃士監督が実写映画化。「深夜0時に開く秘密のサイト『地獄通信』で依頼すると、地獄少女が現われて恨みを晴らしてくれる」という都市伝説が巷で話題となっていた。女子高生の市川美保は、大好きなアーティスト・魔鬼のライブで知り合った南條遥に魅了され、彼女と一緒に魔鬼ライブのコーラスのオーディションを受けることに。合格したのは遥だったが、彼女は徐々に様子がおかしくなっていく。そんな遥を心配した美保は、魔鬼が遥をライブで行う「儀式」の生け贄にしようとしていることを知り、噂のサイトにアクセスするが……。『わたしに××しなさい!』『暗黒少女』の玉城ティナが閻魔あい役で主演を務める。共演に『過ちスクランブル』『マスカレード・ホテル』の橋本マナミ、『東京喰種 トーキョーグール【S】』『最初の晩餐』の森七菜ら。

『地獄少女 』レビュー

外観的クオリティに映画のクオリティが比例していない

いつもおどおどしている様な役が多い玉城ティナとしては間違いなく当たり役で和服姿は必見と言ってもいいのだが、映画のクオリティ自体が伴っておらず、せっかく玉城ティナのビジュアルで外観的クオリティは高かっただけに残念だ。

漫画もアニメも全く読んだことも観たこともないため、細かい設定がよくわからないのだが、この映画には謎の部分が多すぎて何から触れていいのかわからない。

まず人間側のおそらく主人公であろう森七菜演じる市川美保は、日ごろから地獄少女の姿が見えているかのような演出がされているのだが、その理由が一切説明されない。

物語が進むにつれて、結果的に地獄少女に依頼することになるのだが、見え始めた頃は、まだ怨む相手もいなければ、きっかけとなる人物にも遭遇していない。ということは未来に依頼される相手だということを察知して回りにいるということなのだろうか。

謎の設定と演出が混乱させる

かつて地獄少女と契約を交わした女性の息子で今はフリーライターとして地獄少女を調べている工藤も同じく地獄少女の影を気にしている。

地獄少女と行動を共にする輪入道、一目連、骨女の行動にも謎が多すぎる。

アーティストの魔鬼の周りに人間態として現れ、周囲を探っているような行動をとるのだが、それは何故なのか。

結果的に魔鬼という人物が不意に人を死に追いやり過ぎている(もしくは間違った崇拝による殺人を企てている)ために、地獄少女が介入してきたのかと思っていたのが…そうではない…

契約がないと地獄送りにできないため、美保の未来で起こるであろう出来事を利用して行動心理を操ることで結果的に魔鬼を地獄送りにできる環境を整えていたのか…謎だ…

謎の演出が多すぎて、ラストで伏線回収するのかと思っていたら、全く触れずに終わってしまった。しかし、最後まで説明してくれるのだと信じてエンドロールも全て観たのだが、ポスト・クレジットも存在しない。

そこでやっと気づいたのだが、そもそも伏線なんかではなく、意味不明演出だったのだ。

点数 50点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事