アクターズプッシュ!チャイナ・アン・マクレーン

アクターズプッシュ! チャイナ・アン・マクレーン

基本情報

気になる俳優を紹介し、今後の映画の楽しみ方に一味加えてもらおうという趣旨から誕生した企画アクターズプッシュ!

久しぶりの第4回目はチャイナ・アン・マクレーンを紹介

基本情報は1998年8月25日アメリカのアトランタ生まれ。2005年に映画『ゴスペル』で映画デビューを果たし、 ガブリエル・ユニオン主演の映画『Daddy’s Little Girls』 (日本未公開)では姉妹で出演したことでも話題となった。2011年にはディズニー・チャンネル・ドラマシリーズ『天才学級アント・ホーム』の主演チャイナ・パークス役に抜擢され、同時に主題歌と挿入歌を担当したことで歌唱力が『ゴスペル』以来、再評価されることになるきっかけとなった。

その後、姉妹と共にマクラーレン・シスターズとしてハリウッド・レコードと契約し「GO」やディズニー映画「ティンカーベル」シリーズの主題歌などを担当したが2013年には残念ながらハリウッド・レコードから離れることとなった

2019年現在では、歌手活動は行っていないが、『ディセンダント2』や『ブラックライトニング』などに出演する女優として活躍している。

『天才学級アント・ホーム』で歌唱力が話題に!!

映画『ゴスペル』で子役としてデビューした チャイナ・アン・マクレーンは『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』『ウェイバリー通りのウィザードたち』などのゲスト出演を経て、2011年にはディズニー・チャンネル・ドラマシリーズ『天才学級アント・ホーム』で念願の主演に抜擢された。

同時に主題歌と挿入歌も担当することになった。特にタイオ・クルーズの「Dynamite」をカバーしたミュージック・ビデオは話題となった。

それをきっかけとして、『天才学級アント・ホーム』はミュージカル・ドラマではなかったが、チャイナの歌声を生かしたシーンが多く導入されることになった。

マクラーレン・シスターズとしての活躍とディズニーチャンネル史上の超名曲「GO」

『天才学級アント・ホーム』で披露したチャイナの歌唱力が注目されたことで、
Daddy’s Little Girls』 (日本未公開) で共演し、『天才学級アント・ホーム』 でも共演していた実の姉妹と共にマクラーレン・シスターズとしてハリウッド・レコードと契約した。

マクラーレン・シスターズは『ディズニー・ネイチャーズ』や『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密 』などの主題歌を担当することになった。

中でも『天才学級アント・ホーム』の 劇中で発表された曲「GO」は個人的にディズニー・チャンネル・ソング史上最高のクオリティだと思う。

残念ながらマクラーレン・シスターズは『天才学級アント・ホーム』がシーズン3で終了した同時にハリウッド・レコードを離れ空中分解してしまった。

『ディセンダント2』のウーマ役に抜擢!歌唱力は健在

『ハイスクール・ミュージカル』の監督で知られるケニー・オルテガが手掛けたディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーでディズニー作品に登場するヴィラン達の子供たちを主人公とした『ディセンダント』

その第2弾となる『ディセンダント2』にて『リトル・マーメイド』のアースラの子供ウーマ役として抜擢された。

ウーマをフューチャーしたプロモーション・ビデオも公開され、チャイナの歌唱力は再び評価されることになり、2019年に放送された『ディセンダント3』でも同役を演じ、劇中で歌も披露している。

是非、今すぐにでもプロとして歌手活動をしてもらいたいほどの勿体ない歌唱力だ。

女優としての活躍

歌唱力は勿論のこと、子役時代から積み重ねてきた女優としての演技力も注目してもらいたい。

長年の間、ディズニー・チャンネル作品に多く出演していたが、近年では『Blood Brother』などディズニーを離れた作品にも多数出演している。

日本のNetflixでも配信中のDCドラマシリーズ『ブラックライトニング』では、ブラックライトニングの娘で、ある出来事からメタフューマンとなり、能力の制御に悩むという難しい役どころのジェニファー・ピアース役をロングヘアーだった髪をバッサリと切って見事に演じている。

ちなみにマクラーレン・シスターズのシエナ・マクラーレン、ローリン・マクラーレンも現役の女優としてテレビや映画で活躍している。

世間的に注目というより個人的に注目の俳優の魅力を紹介する”アクターズプッシュ!”第5回目はカーシー・クレモンズを予定!!

アクターズプッシュ!カテゴリの最新記事