グッチ家を描くリドリー・スコットの次回作で主演にレディー・ガガ抜擢

グッチ家を描くリドリー・スコットの次回作で主演にレディー・ガガ抜擢

『ゲティ家の身代金』『オデッセイ』などの巨匠リドリー・スコットの次回作として製作されるサラ・ゲイ・フォーデンの著書でイタリアの老舗ブランド「グッチ」創業者一家の栄光と挫折、家族崩壊…そして復活を描いた『ザ・ハウス・オブ・グッチ』を原作とした映画の主演としてポップアイコン的歌手であり、『アリー/スター誕生』『アメリカン・ホラー・ストーリー』では女優としても活躍するレディー・ガガが出演することになった。

レディー・ガガが演じるのは、1995年に創始者の孫としてブランドの実権を握り、社長となったマウリツィオ・グッチ氏の殺害を殺し屋を雇って計画したことで有罪となったというセンセーショナルな事件でも知られている元妻パトリツィア・レッジアーニということでパトリツィア視点でストーリーが展開される。

これまでにアンジェリーナ・ジョリーやウォン・カーウァイが映画化を企画するなど何度も映画化の話はあったものの、実現にはいたらなかった『ザ・ハウス・オブ・グッチ」だが、ついにリドリー・スコットの手によって映画化されることになった。ちなみにリドリー・スコットの妻であるジアニーナ・ファシオは共同製作として参加する。

最新映画情報カテゴリの最新記事