『チェルノブイリ』のクリエイターが『パイレーツ・オブ・カリビアン』をリブート

『チェルノブイリ』のクリエイターが『パイレーツ・オブ・カリビアン』をリブート

くせ者俳優だった『エド・ウッド』『Minamata』のジョニー・デップを一躍メジャーにした作品とも言える『パイレーツ・オブ・カリビアン』がチェルノブイリ原発事件を題材としたミニドラマシリーズ『チェルノブイリ』のクリエイターで過去には「ハングオーバー」シリーズや2019年版『チャーリーズ・エンジェル』の脚本を手掛けたことでも知られるグレッグ・メイジンがクリエイターとして参加してリブートする企画がスタートしたようだ。

過去にも『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』や『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は続編というより当初はリブート寄りの企画だったものが、なんとなく続編のように扱われると同時に思ったほどの収益にいたらないということで更なる続編企画は暗闇状態であったが、ディズニーも代表的なビッグタイトルを野放しにしておくわけにはいかないということでリブート企画が再始動した。

クレイグ・メイジンは他にもクリス・プラット主演でイメージ・コミックスの『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』の映画化企画にも関わっているが、こちらが2019年6月公開だったものが無期延期状態になっているが、それよりも先に『パイレーツ・オブ・カリビアン』のリブートを手掛けるかは不明となっている

現在のところは本当の初期段階企画のため、ジョニー・デップやキーラ・ナイトレイ、オーランド・ブルームなどのオリジナル・メンバーが参加するかどうは不明だが、シリーズのプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーは続投するようだ。個人的にはプロデューサーを変えた方がいい気がする。

最新映画情報カテゴリの最新記事