この映画語らせて!ズバッと評論!『真実』

作品情報

『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、初めて国際共同製作で手がけた長編作品。母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描く。フランスの国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版し、それを祝うためという理由で、アメリカに暮らす脚本家の娘リュミールが、夫でテレビ俳優のハンクや娘のシャルロットを連れて母のもとを訪れる。早速、母の自伝を読んだリュミールだったが、そこにはありもしないエピソードが書かれており、憤慨した彼女は母を問いただすが、ファビエンヌは意に介さない。しかし、その自伝をきっかけに、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く真実が次第に明らかになっていく。女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブ、娘のリュミールをビノシュが演じた。そのほかリュミールの夫ハンク役でイーサン・ホーク、ファビエンヌの共演女優役でリュディビーヌ・サニエら実力派キャストが顔をそろえる。2019年・第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品。日本人監督の作品として初めて、同映画祭のオープニング作品として上映される。

『真実』レビュー

是枝裕和が撮った”ちゃんとフランス映画

『万引き家族』『海街diary』の是枝裕和監督がフランスの名女優カトリーヌ・ドヌーブを主演にフランス映画を撮った話題作。

実は是枝監督はジュリエット・ビノシュと20年前から知り合いで、いつか映画を作ろうと約束していたらしく、今回それに答えるかたちで映画が製作された。

『万引き家族』ではアカデミー賞にノミネートされるなど、近年の功績によって世界的に名前が知られたことも後押ししたことは間違いないだろう。

ちなみに主演のカトリーヌ・ドヌーブ、イーサン・ホークも希望していた通りのキャスティングだったとか。

是枝監督が以前書いて実現しなかった、女優を主人公にした一人芝居の企画を下敷きにカトリーヌ・ドヌーブと実際の娘で女優であるキアラ・マストロヤンニの関係を反映させたことでリアリティを出し、それでいて是枝監督の得意とする「家族ドラマ」に仕上げている。何よりちゃんとフランス映画に仕上がっている。

是枝監督だと言われなければ、普通にフランス映画として観てしまうだろう。

プレッシャー、葛藤、老いへの恐怖、若手女優への嫉妬...と素直になれない大物女優が出版した自伝本「真実」は嘘と誤魔化しばかり、彼女の「真実」はどこにあるのか…ということを娘、マネージャー、パートナー、元夫、共演女優を通して静かに描かれていく。

合格点以上のフランス映画の雰囲気やクオリティを保っているが、あえて言うならフランス映画のもつミステリー感はもう少し欲しかった。しかし、その代わりに和やかな雰囲気の中に少しコメディ・タッチでその点はイーサン・ホークが出演しているからなのか、どことなくアメリカ映画らしさもある。

どちらにしても日本らしさはなく、変に日本テイストを入れるわけでもなく、その国のテイストに適応する能力は世界に認められると思う。これからオファーが殺到するのではないだろか。

劇中のSF映画が妙におもしろそうでそちらの方も映画化してもらいたいぐらいだ。

点数 80点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事