この映画語らせて!ズバッと評論!!『台風家族』

この映画語らせて!ズバッと評論!!『台風家族』

作品情報

『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督のオリジナル脚本で、草なぎ剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、藤竜也らが演じるひとクセある家族たちの姿を、ブラックユーモアを交えて描いたコメディドラマ。鈴木一鉄と妻の光子は銀行から2000万円もの大金を強奪し、行方がわからくなっていた。事件から10年たったある日、いまだに所在がわからない両親の仮想葬儀で財産分与をおこなうため、鈴木家の子どもたちが集まる。どんな仕事も長続きしない長男の小鉄は妻の美代子、娘のユズキとともに10年ぶりに実家へ訪れ、長女の麗奈、次男の京介とともに、空の棺おけを2つ並べた見せかけだけの葬儀を始める。葬儀が終わった頃にインターホンが鳴り、間に合わなかった末っ子の千尋がようやく到着したかに思われたが、ドアの外に立っていたのは千尋ではない、チャラチャラした男だった。長男役の草なぎ、長男の妻役の尾野、父親役の藤のほか、MEGUMI、中村倫也、榊原るみらが顔をそろえる。

『台風家族 』レビュー

現実の容赦なさの描き方が所々、薄味

両親が10年前に銀行強盗をして逃亡し、時効を迎えたため、離れ離れだった家族が集まり、財産分与するはずが予期せぬ事態になるという、葬式喜劇によくありがちなプロットで単純に観る分にはいいと思うが、今回扱っている「銀行強盗」という設定を活かしきれていない。

「事件のせいで俺たちがどんな思いをしたか...」という言葉はあるものの、そこを映像としてほとんど見せていない。

唯一、長男の小鉄がどんな人生をおくってきたかが語られフラッシュバックされるだが、次男、三男、長女に関しては過去がノータッチでセリフの中の数少ない情報をこちらで拾って想像するしかないという雑な設定でキャラクター性がつかみきれない。ほとんどまキャラクターの描くべき過去がセリフの中で完結してしまっている。

そのため、昔は仲がよかった小鉄と娘ユズキの関係が何故、ぎくしゃくしているのかもよくわからず、「事件のせいで~」と言っているわりには、フラッシュバックされるのは、それと関係ない両親との思い出や過去の自分

最終的に家族愛をメインにしたかったのであれば銀行強盗という設定じゃなくてもよかったと思うし、銀行強盗という設定にするなら、それを存分に生かしたストーリー展開、キャラクターの描き方をしてほしい。全体的にどのキャラクターも設定が薄いという印象しか残らない。

出演している俳優陣のわりには、全体的に低予算映画を感じさせるのは、演出の乏しさからだろう。

新井浩文の不祥事でスポンサーが離れて、公開中止も危ぶまれた作品だが、期間限定とはいえ、無事に公開されたことはよかったと思う。個人の問題で作品自体をお蔵入りにしてしまうことは、するべきではないと思う。

点数 50点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事