この映画語らせて!ズバッと評論!!『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』

この映画語らせて!ズバッと評論!!『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』

作品情報

1998年公開のポケモン映画シリーズ第1作『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』をフル3DCGでよみがえらせたアニメ映画。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」の2つを持つ冒険者の前にだけ現れるという幻のポケモン・ミュウ。世界中のポケモン研究者がその行方を追う中、ついにある科学者がミュウの化石を発見し、それをもとに禁断の行為に手を染めてしまう。人間のエゴによって生み出された伝説のポケモン・ミュウツーは、自身の存在理由も分からないままに兵器としての実験を繰り返され、心の中に人類への憎悪の念を宿していく。劇場版第1作でミュウツーの声を演じた俳優の市村正親が再び同役を担当。これまで数々のポケモンアニメを手がけてきた湯山邦彦と『ルドルフとイッパイアッテナ』の榊原幹典が監督を務める。

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION 』レビュー

新たな解釈ではなく単なるCG化作品

テレビアニメの劇場版第1作『ミュウツーの逆襲』をCGリメイクした作品ではあるが、良くも悪くも元の作品に忠実となっている。

『ミュウツーの逆襲』はアニメシリーズの人気と比例しての大ヒットとなり、アメリカなど世界でも記録的ヒットとなったが、映画として腑に落ちない点がどうしてもあって、それはミュウツーが逆襲をやめるきっかけである。

ポケモンを守るために人間であるサトシが犠牲になったことで涙するポケモンたちの姿を見て、逆襲を唐突にやめるミュウツー。

当時からこの唐突さが腑に落ちなかった記憶がある。人間でもポケモンでもなく、作られた存在であるミュウツーが追い求める存在意義という言ってみれば哲学的な投げかけをしているわりには、ラストはあっさり終わってしまうという温度差が妙に違和感を残すのは今回も同じ。というかこの作品、新たな解釈を加えたリメイクではなく、単にCG化したに過ぎない作品なのだ。

そのため、作品自体の問題点についてもそのままリメイクしているのだ。

レイモンドがまさかの同じ役で参加!

良い点としてもリメイクぶりが徹底しいて、当時「おはスタ」のMCを務めていたレイモンドがゲスト声優としてオープンニングに登場するポケモントレーナーを担当していたのだが、今回もレイモンドが同キャラクターの声優を担当している。

映画公開日であった7月12日に放送された『おはスタ』にもレイモンドが登場、合わせて当時おはガールとして活躍していた元フジテレビアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの平井理央も出演したことが話題となった

ちなみにメインキャラクターはもちろん同じなのだが、市村正親もミュウツーを再び担当している。

次回作はついにサン&ムーンもしくはソード&シールド編突入か?

エンドロールの後の特報に登場するピカチュウはどうやら現在放送中のテレビシリーズの絵柄に見えたことから、次回はやっとテレビシリーズの劇場版というスタンスが復活するものとみられる。

近年、今回の作品もそうだが『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の様にテレビシリーズのストーリーラインを外れた作品もしくは初期エピソードのリメイク的作品が劇場版とされてきたが、本来はテレビシリーズのストーリーラインに沿った劇場版であった。

劇場版で扱うのは主に新ポケモンや伝説のポケモンであり、11月に発売される新作ゲーム「ソード&シールド」のポケモンが登場する可能性も高い。

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック 【楽天ブックス限定特典:オリジナルミニトートバッグ(ソードver.&シールドver.)】

価格:12,916円
(2019/7/14 02:20時点)

点数 50点

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事