映画グッズとアメコミ販売ならBuffys Movie Shop

この映画語らせて!ズバッと評論!!『わたしは金正男を殺してない』金正男に密着していた日本こそが今作を作るべきではなかったのだろうか...

この映画語らせて!ズバッと評論!!『わたしは金正男を殺してない』金正男に密着していた日本こそが今作を作るべきではなかったのだろうか...

作品情報

2017年にマレーシアのクアラルンプール国際空港で起こった、北朝鮮の朝鮮労働党委員長・金正恩の実兄・金正男暗殺事件。この事件の闇と真相に迫ったドキュメンタリー。白昼のマレーシアの空港で、金正男が神経猛毒剤「VX」を顔に塗られ、殺害された。彼を殺したのはベトナム人とインドネシア人の2人のごく普通の若い女性だった。彼女たちはなぜ金正男を暗殺したのか。事件を追う中で、それぞれの明るい人生を夢見る貧しい彼女たちにつけ込んだ、北朝鮮工作員たちの姿が明らかとなっていく。監督は『おしえて!ドクター・ルース』『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判』などのドキュメンタリーを手がけたライアン・ホワイト。

『わたしは金正男を殺してない』レビュー

公開されて少し経ってしまったが、近くの映画館では、昨日から公開されたため、このタイミングとなってしまった。

2017年に日本でも話題となった金正男の暗殺。容疑者などは報じられたが、事件自体がその後どのような動きをしていたかということはあまり報じられていなかった。その背景にどんな陰謀や計画が隠されたいたかということには、追求されていなかったように感じる。事件のファースト・インパクトのみを報道して、その後の動きは関係ないという日本の報道のあり方も考えさせられる作品である

また今作はアメリカ映画である。北朝鮮にもマレーシアにも近しい存在ではないため、ある程度の自由な描き方、潜入取材が可能となっているのだが、トランプ大統領と北朝鮮との関係に違和感を抱いている者の陰謀論的解釈もないとは言えず、100%このドキュメンタリーで伝えられたことが真実かは、判断が難しい。

ドッキリ映像に影響を与えたのが『ジャッカス』だったと解釈する部分もアメリカ人の感覚によるものだ。北朝鮮の工作員たちが日本の番組だと言っていたように、どちらかというと日本のバラエティ番組に影響を受けていると言った方が正しいのかもしれない。

それでも、知らないうちに実行犯になってしまい、結果的に殺害してしまった事実が残ってしまった2人の女性が、味方のいないマレーシアの独房の中で死刑がちらつくという日々を過ごしていた、恐怖と不安が計り知れなかったのは事実である。

マレーシアは、実は死刑判決が出るのにハードルが低い。過去には、日本人女性が身に覚えのない麻薬密輸の疑いをかけられて、6年拘留後に、死刑になったという事件もあったほどだ。司法のあり方というのも異なるため、明らかな矛盾があったとしても判決を下されてしまう。

2人が動画サイトのドッキリ映像だと思わされていたという主張をした際に、ドッキリ映像としては「笑えない」という理由で否定されてしまうシーンがあったったが、「笑える」「笑えない」という個人の感覚が裁判の行方を左右してしまうというのは、かなり問題がある。

影ながら利益よりも人権尊重と冤罪を逃れるためにそれぞれの弁護士が戦った日々というのは、腐りきったマレーシアの司法の未来を切り開くための行為でもあったのだろう。それによって、単純に事件を追ったものだけではなく、マレーシアの法廷のあり方を扱ったドキュメンタリーとしての側面も持ち合わせているのだ。

本作には、日本のメディアの映像が多く使われている。それは金正男に長年密着していたからだ。東京ディズニーランドに訪れた際にも取材していた。日本の地上波は観ることかできる環境があるとされる北朝鮮で、ある意味、北朝鮮に関わりたくないと逃げていた金正男の動向を北朝鮮側に伝えてしまっていたのも日本のメディアなのだ。

直接的、責任はないにしても、動向報道を扱っていた以上、その人物が暗殺されたとなれば、最後まで伝えるべきだったのではないだろうか。このドキュメンタリーは日本が作るべきであったようにも思える。

アメリカに製作されてしまったことに関して日本のメディアは悔しいという感覚はないのだろうかとも思ってしまう

点数 80

この映画語らせて!ズバッと評論!!カテゴリの最新記事